2014年03月31日

@ 酒類概論

22−13 発泡性ワイン「シャウムヴァイン(Schaumwein)」の原産国

1. スイス
2. クロアチア
3. ドイツ 
4. ポルトガル

























答え 3

posted by みく at 14:04| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

21 22−10 ワインの醸造方法に関する記述に該当するもの

「赤ワインの醸し仕込みを白ワインに応用した果汁前処理法。果汁にぶどうの品種特性をより濃厚に与えるため、果皮からの成分抽出を意図的に行う。」

1. Skin Contact 
2. Macération Carbonique 
3. Débourbage 
4. Sur Lie 






















答え 1

posted by みく at 14:02| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

21−13 タンニン、ゼラチン、ベントナイトなどを用いる醸造過程での作業

1. 濾過
2. 熟成
3. 清澄 
4. 圧搾

























答え 3

posted by みく at 14:00| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

21 22−13 熟成中、タンクや樽の中の滓を攪拌することにより熟成を促す作業

1. バトナージュ 
2. デブルバージュ
3. スキン・コンタクト 
4. シュール・リー 























答え 1

posted by みく at 13:58| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

21 22−9 細胞内醗酵を利用した醸造法に該当するもの

1. シュール・リー 
2. スキン・コンタクト 
3. セニエ 
4. マセラシオン・カルボニック 
























答え 4

posted by みく at 13:57| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

@ 酒類概論

21−12 ロゼワインの醸造法で「黒ぶどうを原料として、醸しの途中ほどよく色付いたところで果醪から液体部分を分離し、低温醗酵させて造る方法」

1. セニエ法 
2. 直接圧搾法
3. 混醸法
4. ブレンド法























答え 1

posted by みく at 13:55| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

20−12 ワインの醸造過程における「ルモンタージュ」の効果として期待できる事項

1. 酸素供給 
2. 清澄効果
3. 酸化防止
4. 色素の安定化






















答え 1


posted by みく at 13:53| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

20−11 一般的な赤ワイン醸造の操作に関する記述中、下線部(a)~(d)の中で誤っている箇所

「赤ワインの醸造では醗酵中に(a)「醸し」を行うことが一般的である。長期熟成させるタイプのワインを造るときは、この醸し期間を(b)短くする。またこの間、果皮や果肉が容器上部に浮上し(c) 果帽を形成する。このために(d)ルモンタージュを行う。」

1.(a)   
2.(b)    
3.(c)   
4.(d)





















答え 2

posted by みく at 13:52| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

17−13 ワインの醸造過程における「シャプタリザシオン」の意味

1. 醸し 20
2. 発酵
3. 補糖  17
4. 滓引き 21
























答え 3

posted by みく at 13:50| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

17−12 ワインの醸造過程における「シャプタリザシオン」の意味

1. ぶどう選定
2. 補糖 
3. 補酸
4. 補タンニン























答え 2

posted by みく at 13:47| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

@ 酒類概論

16.17−9 「1850年ごろヨーロッパに伝播した。若枝または生育中のブドウ果粒が白い粉状の胞子で覆われる。防除には開花時に硫黄を含んだ農薬が散布される」

1. ベト病   
2. 灰色カビ病 
3. ウドンコ病  
4. 晩腐病 























答え 3

posted by みく at 13:45| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

15 16−13 ボルドーやブルゴーニュを代表に、世界的に広く実施されている長梢(結果母枝)を2本左右にとる仕立て方法

1. 垣根仕立て 
2. 棒仕立て
3. 棚仕立て 
4. 株仕立て






















答え 1

posted by みく at 13:40| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

15−12 ぶどう樹の剪定で、南フランスでよくみられる「ゴブレ」と呼ばれる仕立て方に該当するもの

1. 垣根仕立て   
2. 棚仕立て 
3. 株仕立て    
4. 棒仕立て 
























答え 3

posted by みく at 13:37| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

15−10 ぶどうの仕立て方に関する記述に該当するもの

「急斜面では、畑を栽培者が上下左右に動き易いような仕立て方。左右から2本の長梢をとり、主幹に添えた棒を中心にハート型になるようにしばりつける。」

1. ギヨー・サンプル仕立て  
2. 棒仕立て 
3. 株仕立て  
4. コルドン仕立て 























答え 2

posted by みく at 13:36| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

14−13 ぶどうの生育サイクル(北半球)において、7月〜8月に該当するもの

1. 休眠期
2. 着色期 
3. 発芽期
4. 展葉期























答え 2

posted by みく at 13:34| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

@ 酒類概論

13 14−11 ぶどうは蔓性の多年性植物で、気候に合わせた生育サイクルを持っているが、次の中からサイクルの順序で正しいもの

1. 展葉 → 開花 → ヴェレゾン → 成熟 
2. 萌芽 → 開花 → 展葉 → ヴェレゾン 
3. 展葉 → 萌芽 → 開花 → 成熟 
4. 展葉 → ヴェレゾン → 結実 → 成熟 























答え 1


posted by みく at 13:33| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

8−13 ピノー・デ・シャラントの醸造法による分類

1. スティル・ワイン
2. スパークリング・ワイン
3. フォーティファイド・ワイン 
4. フレーヴァード・ワイン























答え 3

posted by みく at 13:31| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

8−12 ドイツで「Perlwein」の区分に該当するもの

1. 弱発泡性ワイン  
2. 酒精強化ワイン
3. 貴腐ワイン
4. フレーヴァード・ワイン























答え 1

posted by みく at 13:26| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

7−13 一般的なワインの通常pH(水素イオン指数)

1. pH2.2 〜 pH2.9
2. pH2.9 〜 pH3.6 
3. pH3.1 〜 pH4.3
























答え 2

posted by みく at 13:21| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

7−11 最近話題に上るワイン中に含有されるリスベラトロール(Resveratrol)に関する記述の中から、誤っているもの

1. ぶどうのファイトアレキシンといわれる物質の一種である。
2. 多くは果皮に存在する。
3. ポリフェノールの一種である。
4. 白ワインにも赤ワインと同じ程度含有されている。























答え 4

posted by みく at 13:19| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

@ 酒類概論

6−13 ワインの発酵工程で酵母や乳酸菌が生成する香り

1. 第1アロマ
2. 第2アロマ 
3. 第3アロマ

























答え 2

posted by みく at 13:18| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

6−13 ワインの中で析出する酒石は主として酒石酸と何が結合したものか

1. ナトリウム
2. マグネシウム
3. カリウム 
























答え 3

posted by みく at 13:16| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

6−13 ワインはぶどう果汁の糖分を、酵母のアルコール発酵によってエチルアルコールと何に変えられた飲料か

1. 二酸化炭素 
2. 二酸化硫黄
3. 二酸化窒素





















答え 1

posted by みく at 13:15| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

6−12 ワイン中の主な有機酸のうち、醗酵により生成されるもの

1. 酒石酸
2. コハク酸  
3. クエン酸
4. リンゴ酸

























答え 2

posted by みく at 13:01| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ 酒類概論

6−11 ワイン中に含有される有機酸

「貴腐ワインの熟成中に酸化され粘液酸となり、さらにカルシウム塩となって白色結晶の粘液酸カルシウムとして折出する。」

1. グルコン酸    
2. ガラクチュロン酸 
3. 酒石酸     
4. グルクロン酸 




























答え 2


posted by みく at 12:50| Comment(0) | 過去問題等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

第1回 ワイン集中講座 テイスティング C

http://takeya.ocnk.net/product/96

P3250447.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル  シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型  成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)  サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        グルナッシュ   カリニャン   ムールヴェドル



posted by みく at 10:52| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

第1回 ワイン集中講座 テイスティング B

ポール・クルーバー ピノ・ノワール 2011

P3060390.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型  成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア   南アフリカ

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ


posted by みく at 10:34| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

第1回 ワイン集中講座 テイスティング A

デルニエール・キュイエット シャルドネ 2010

http://takeya.ocnk.net/product/218

P3250444.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨    アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ



posted by みく at 19:46| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

第1回 ワイン集中講座 テイスティング @

ケーヴェリッヒ・リースリング 2011

http://takeya.ocnk.net/product/62

P3250445.JPG

[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ





posted by みく at 19:29| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

2009 フラテッリ・ジャコーザ バルバレスコ

IMG_1965.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

        オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 軽い  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある  濃厚な

          若い  やや熟成した  熟成した  酸化熟成のニュアンス

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー スグリ

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー

          カシス  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹  杉  樹脂

          ドライハーブ  スーボワ 腐葉土

          甘草  シナモン  丁子  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  

          チョコレート(カカオパウダー)  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ(シヴェ)  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

シンプル  複雑  ポテンシャルの高い  長期熟成型    成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ


posted by みく at 19:16| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

2013 フラテッリ・ジャコーザ バルベラ・ダルバ

IMG_1964.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹  杉  樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007  2008  2009   2010   2011  2012  2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        バルベラ

posted by みく at 18:55| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

2012 フラテッリ・ジャコーザ ガヴィ

IMG_1962.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色がかった  

          黄金色  トパーズ  アンバー(琥珀色)

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  やや熟成した  熟成した  酸化熟成のニュアンス

           軽い  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感のある   濃厚な
  
[ 香り ]

<豊かさ>   控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    レモン   グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ  ミント

          菩提樹  すいかずら アカシア  白バラ  キンモクセイ

          貝殻  石灰  火打石

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  コリアンダー

          麝香  バンドミー(焼いたパン)  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード  硫黄  ペトロール

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい  キメ細かい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな  

             水っぽい  肉付きのよい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした

              まろやかな  ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  フレッシュ    濃縮した  フローラル  

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  シンプル  複雑  ポテンシャルのある  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−18度  19度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ] 2007  2008  2009   2010  2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  オーストリア  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング   セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ミュスカデ   グリューナー・フェルトリナー   ヴィオニエ   

          シュナン・ブラン    アルバリーニョ   ソーヴィニヨン・ブラン   ガルガーネガ

          コルテーゼ


posted by みく at 18:36| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

2010 ブラハム・シラーズ

IMG_1917.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液    燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

       2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   南アフリカ  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        サンソー  グルナッシュ  ムールヴェードル

posted by みく at 11:56| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

2012 ジャン・マルク・ラフォレ ブルイィ キュヴェ・プレステージ

http://takeya.ocnk.net/product/306

IMG_1908.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

posted by みく at 11:28| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

2010 ミス・テール マルク・ペノ

http://takeya.ocnk.net/product/212

IMG_1907.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]   2007   2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ



posted by みく at 11:12| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

2013 ドメーヌ・ジンク アルザス リースリング

IMG_1888.JPG

[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン   グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ] 2007  2008  2009   2010  2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ


posted by みく at 10:59| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

2011 ケーヴェリッヒ リースリング ハルプトロッケン

http://takeya.ocnk.net/product/80

IMG_1814.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン   グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ


posted by みく at 18:29| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

2012 ユグ・ベグ プールサール

http://takeya.ocnk.net/product/58

IMG_1790.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹  杉  樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

         円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        プールサール

posted by みく at 11:29| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

2013 ラルジョル・ルージュ

http://takeya.ocnk.net/product/45

IMG_1779.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007  2008  2009   2010   2011  2012  2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        カリニャン  グルナッシュ

posted by みく at 19:30| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

2009 シャトー・カマン

http://takeya.ocnk.net/product/136

IMG_1781.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液    燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

       2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        サンソー  グルナッシュ



!
posted by みく at 19:10| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

2013 h3+ KUMAGERA

ナイアガラ.jpg


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]   2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア  南アフリカ

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

                     マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン  ミュスカ  ナイヤガラ




posted by みく at 19:06| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

2013 ラルジョル・ブラン

http://takeya.ocnk.net/product/162

IMG_1782.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨    アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]   2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア  南アフリカ

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

                     マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン  ミュスカ





posted by みく at 18:36| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

2012 ユグ・ベグ シャルドネ・サヴァニャン

http://takeya.ocnk.net/product/182

IMG_1778.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(ヘーゼルナッツ)

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

           マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン   セミヨン   ミュスカデル

            サヴァニャン




posted by みく at 18:09| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

2013 シャトー・ラ・ラズ・カマン ブラン

http://takeya.ocnk.net/product/137

IMG_1780.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン   グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]  2007  2008  2009   2010   2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

                     マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン



posted by みく at 17:56| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

2012 サンティエ・ド・バガテル ドナデュー

http://takeya.ocnk.net/product/70

IMG_1743.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹  杉  樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        カリニャン  グルナッシュ  ムールヴェドル


posted by みく at 14:58| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

2012 サンティエ・ド・バガテル コリーヌ

http://takeya.ocnk.net/product/99

IMG_1742.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹  杉  樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        カリニャン  グルナッシュ


posted by みく at 14:41| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

2013 ドメーヌ・ド・ラ・バスティード

http://takeya.ocnk.net/product/94

IMG_1710.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007  2008   2009   2010   2011  2012  2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        カリニャン  グルナッシュ



posted by みく at 18:07| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

2012 ムーラン・ド・ガサック アルバラン 

http://takeya.ocnk.net/product/194

IMG_1709.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  深みのある  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    紫がかった  ルビー  ガーネット

          オレンジがかった  黒みを帯びた  煉瓦色  トパーズ 

<濃淡>    薄い  明るい  やや濃い  濃い  非常に濃い  

<粘性>    水様 さらっとした やや軽い やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  濃厚な  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感がある

        やや熟成した  熟成した  酸化熟成  酸化が進んだ 完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   貧弱な  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    イチゴ  ラズベリー(木苺) スグリ(クーズベリー)

          ブラックチェリー  ブルーベリー  ブラックベリー(ミュール)

          カシス(黒スグリ)  干しプラム  乾燥イチジク  ジャム

          バラ  すみれ  牡丹  ゼラニウム  メントール  赤ピーマン

          ヴェジェタル シダ  針葉樹    樹脂

          ドライハーブ  スーボワ(森の下生え) 腐葉土

          甘草  丁子  シナモン  ナツメグ  黒胡椒  ヴァニラ  チョコレート

          カカオパウダー  コーヒー  カラメル  紅茶  ヨード  タバコ

          血液  肉  燻製肉  ジビエ  シヴェ  なめし皮 

<香りの印象> 

若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな)  閉じている  還元状態にある

熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある  酸化している

第一のアロマが強い 第二のアロマが強い  ニュートラル 木樽からのニュアンス

[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い   やわらかな   まろやか

                              豊かな  ねっとりとした  残糖分による

<酸味>     シャープな  爽やかな  はっきりとした  キメ細かい  なめらかな

          円みのある  スムーズな  やわらかな  やさしい

<タンニン分> 軽い  やさしい  キメ細か  サラサラとした  緻密  ヴィロードのような

       滑らかな・シルキー  力強い  粗い  ざらついた  強い(突出した) 収斂性のある

<バランス>  痩せた  渇いた  流れるような  スマートな  調和のとれた  やわらかな

        心地よい まろやかな 豊満な 肉厚な 力強い がっしりとした 骨格のある 固い

<アルコール> 控えめ  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     軽い  やや軽い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な  フレッシュ  濃縮した  フローラル

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ] 

酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル  複雑

将来的に複雑になる  ポテンシャルの高い  還元状態  長期熟成型 成熟度が高く豊か

濃縮し力強い エレガントで余韻の長い フレッシュ感を楽しむ コンパクトで熟成感のある

[供出温度]     7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[グラス]       小ぶり  中庸  大ぶり  

[デカンタージュ]  必要なし  飲む直前  事前(60分前)

[収穫年]  2007   2008    2009    2010    2011   2012

       2013

[生産国]  フランス  イタリア   ドイツ  スペイン   ポルトガル  アメリカ   日本

        ニュージーランド    アルゼンチン   チリ    オーストラリア

[主なぶどう品種] カベルネ・ソーヴィニヨン   カベルネ・フラン   メルロ    ピノ・ノワール

        シラー(シラーズ)   サンジョヴェーゼ   ガメイ   テンプラニーリョ  ネッビオーロ

        サンソー  グルナッシュ  ムールヴェードル


posted by みく at 17:48| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

2009 ジャン・ピエール・グロッソ シャブリ

http://takeya.ocnk.net/product/138

IMG_1708.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

           マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン   セミヨン   ミュスカデル

posted by みく at 17:30| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

2009 ジャン・ピエール・グロッソ シャブリ・プルミエ・クリュ フルショーム

http://takeya.ocnk.net/product/243

IMG_1670.JPG


[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色  トパーズ

          アンバー(琥珀色) オレンジがかった  褐色がかった  褐色  麦わら色 

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    水様  さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  軽い  よく熟した  成熟度が高い

           濃縮感のある   濃厚な  やや熟成した  熟成した

           酸化熟成のニュアンス  酸化が進んだ  完全に酸化している

[ 香り ]

<豊かさ>   クローズしている  控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>     レモン  青リンゴ  グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ノワゼット(くるみ)  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ(くまつづら)  ハーブ香  ミント  森林

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          ミネラルのニュアンス  貝殻  石灰  火打石  硫黄

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  アニス  コリアンダー

          麝香  焼いたパン  バンドミー  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている(クローズしている)

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          酸化している  第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い  突出した

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな

          水っぽい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした  まろやかな

          ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  チャーミングな・軽快な   フレッシュ    濃縮した

           フローラル  ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  酸味主体・ストレートな  果実味主体  ヴォリューム感  渋味主体  シンプル

       複雑  将来的に複雑になる  ポテンシャルのある  還元状態  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−17度  18度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ]    2007  2008   2009   2010   2011   2012

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  ポルトガル  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ヴィオニエ   シュナン・ブラン    ソーヴィニヨン・ブラン   ミュスカデ

           マルサンヌ   グルナッシュ・ブラン   セミヨン   ミュスカデル

posted by みく at 19:36| Comment(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。