2014年08月24日

F シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2013

IMG_2044.JPG

[ 外観 ]

<清澄度>   澄んだ  やや濁った  濁った

<輝き>    クリスタルのような  輝きのある  やや弱め  モヤがかかった

<色調>    グリーンがかった  レモンイエロー  イエロー  黄金色がかった  

          黄金色  トパーズ  アンバー(琥珀色)

<濃淡>    薄い(無色に近い)  淡い   やや濃い   濃い   非常に濃い

<粘性>    さらっとした  やや軽い  やや強い  豊か  ねっとりした

<外観の印象> 若い  やや熟成した  熟成した  酸化熟成のニュアンス

           軽い  よく熟した  成熟度が高い  濃縮感のある   濃厚な
  
[ 香り ]

<豊かさ>   控えめ  しっかりと感じられる  力強い

<特徴>    レモン   グレープフルーツ  リンゴ  洋梨

          花梨  桃  アプリコット  パイナップル  メロン  ライチ

          炒ったアーモンド  ヘーゼルナッツ

          ヴェルヴェーヌ  ミント

          菩提樹  すいかずら  アカシア  白バラ  キンモクセイ

          貝殻  石灰  火打石

          バター  ヴァニラ  白胡椒  丁子  コリアンダー

          麝香  バンドミー(焼いたパン)  カラメル

          樹脂  ハチミツ  ヨード  硫黄  ペトロール

<香りの印象>若々しい  開いている  落ち着いた(控えめな) 閉じている

          還元状態  熟成感が現われている  酸化熟成の段階にある

          第一のアロマが強い  第二のアロマが強い

          ニュートラル  木樽からのニュアンス  


[ 味わい ]

<アタック>  軽い  やや軽い  やや強い  強い  インパクトのある

<甘味(アルコールのヴォリューム感も含む)> 弱い  まろやかな  豊かな  残糖がある

<酸味>    シャープな  爽やかな  なめらかな  しなやかな  円みのある

          スムーズな  やわらかな  やさしい  キメ細かい

<苦味> 控えめ  穏やかな  旨みをともなった  コク(深み)を与える  力強い

<バランス>  スリムな  溌剌とした  ドライな  青い  フラットな  コンパクトな  

             水っぽい  肉付きのよい  甘味のある(グリセロールの)  ねっとりとした

              まろやかな  ふくよかな  厚みのある  力強い  がっしりとした

<アルコール> 軽い  やや軽め  やや強め  ヴォリュームのある  熱さを感じる

<余韻>     短い  やや短い  やや長い  長い

[ フレーヴァー ] フルーティ  フレッシュ    濃縮した  フローラル  

           ヴェジェタル  スパイシー  ミネラル感のある  複雑

[ 評価 ]  シンプル  複雑  ポテンシャルのある  長期熟成型

     成熟度が高く豊か  濃縮し力強い  フレッシュ感を楽しむ  エレガントで余韻の長い

[ 供出温度 ]  7度以下  8−10度  11−13度  14−18度  19度以上

[ グラス ]    小ぶり  中庸  大ぶり  

[ 収穫年 ] 2007  2008  2009   2010  2011  2012  2013

<生産国>    フランス  イタリア   ドイツ  スペイン  オーストリア  アメリカ

           日本   ニュージーランド    アルゼンチン    チリ    オーストラリア

<主なぶどう品種> シャルドネ  甲州  リースリング  セミヨン  ゲヴュルツトラミネール

             ミュスカデ   グリューナー・フェルトリナー   ヴィオニエ   

          シュナン・ブラン    アルバリーニョ   ソーヴィニヨン・ブラン   ガルガーネガ

posted by みく at 13:25| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

フランス ラングドック・ルーション地方 B

ルーション


栽培面積 約34,000ha 

うちA.O.C.約22,500ha


スティル・ワイン 約325,000hℓ

V.D.N.   約283,000hℓ

VDPとVDT他 約730,000hℓ


ぶどう品種

白 グルナッシュ・ブラン、マカブー、マルヴォアジ、ミュスカ・ア・プティ・グレン
  ミュスカ・ダレクサンドリ、マルサンヌ、ルーサンヌ、ヴァルマンティノ、グルナッシュ・グリ

黒 カリニャン・ノワール、サンソー、グルナッシュ・ノワール、ラドネ・ペリュ、ムールヴェドル
  シラー

ラングドック.gif

A.O.C.

コート・デュ・ルーション

コート・デュ・ルーション レ・ザスプル

コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ

コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・カラマニ

コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・ラトゥール・ド・フランス

コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・レスケルド

コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・トータヴェル

コリウール

モーリィ、モーリィ・ランシオ

バニュルス、バニュルス・ランシオ

バニュルス・グラン・クリュ、バニュルス・グラン・クリュ・ランシオ

リヴザルト、リヴザルト・ランシオ

ミュスカ・ド・リヴザルト

グラン・ルーション、グラン・ルーション・ランシオ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 19:54| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

フランス ラングドック・ルーション地方 A

ラングドック


ワイン生産量 約1,436,000hℓ


赤          77% 
ロゼ          9% 
白           6% 
スパークリングワイン  5% 
V.D.N.      3%


ぶどう品種

白 クレレット、ピクプール、ユニ・ブラン、ブールブーラン、ロール、グルナッシュ・ブラン
  マカブー、ルーサンヌ、マルサンヌ、ミュスカ・ア・プティ・グレン、モーザック、
  シャルドネ、シュナン

黒 グルナッシュ・ノワール、カリニャン、アラモン、サンソー、シラー、ムールヴェドル
  アリカント・ブーシェ、フェル・セルヴァドゥ、メルロ、コット、カベルネ


ラングドック.gif


A.O.C.

コスティエール・ド・ニーム、クレレット・ド・ベルガルド、

ラングドック (コトー・デュ・ラングドック)http://takeya.ocnk.net/product/95

                      http://takeya.ocnk.net/product/105

ラングドック + カブリエール
         コトー・ド・ラ・メジャネル
         コトー・ド・サン・クリストル
         コトー・ド・ヴェラルグ
         ラ・クラプ
         モンペイルー       http://takeya.ocnk.net/product/245
                      http://takeya.ocnk.net/product/303
                      http://takeya.ocnk.net/product/211
         
         ピクプール・ド・ピネ
         カトゥルズ
         サン・ドレゼリィ
         サン・ジョルジュ・ドルク http://takeya.ocnk.net/product/131
         サン・サトゥルナン
         グレ・ド・モンペリエ
         テラス・デュ・ラルザック
         ペゼナ

フォジェール http://takeya.ocnk.net/product/133

サン・シニアン http://takeya.ocnk.net/product/270
        http://takeya.ocnk.net/product/38
        http://takeya.ocnk.net/product/286
        http://takeya.ocnk.net/product/287
        http://takeya.ocnk.net/product/288
        http://takeya.ocnk.net/product/192

サン・シニアン・ベルルー

サン・シニアン・ロクブルン

ミネルヴォア

ミネルヴォア・ラ・リヴィニエール

コルビエール http://takeya.ocnk.net/product/97
       http://takeya.ocnk.net/product/48
       http://takeya.ocnk.net/product/307

コルビエール・ブトナック

フィトゥー

ブランケット・ド・リムー

クレマン・ド・リムー

ブランケット・メトード・アンセストラル

リムー

カバルデス

マルペール

ミュスカ・ド・リュネル

ミュスカ・ド・ミルヴァル

フロンティニャン、ミュスカ・ド・フロンティニャン、ヴァン・ド・フロンティニャン

ミュスカ・ド・サン・ジャン・ド・ミネルヴォア http://takeya.ocnk.net/product/285



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 19:15| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

フランス ラングドック・ルーション地方 @

フランスで一番広い、地中海に臨むワイン生産地

全面積の5分の1がぶどう栽培地帯

 
栽培面積 約211,000ha


フランスのヴァン・ド・ターブルの大部分とヴァン・ド・ペイの大半が生産される
    (ヴァン・ド・フランス)    (I.G.P.)

ラングドック.gif


@V.D.N.ヴァン・ドゥ・ナチュレル 天然甘口ワイン


ぶどう果汁の醗酵ちゅうにアルコールを添加し、醗酵を停止させる。

したがって、天然の糖分がワインの中に多く残留することにより甘口となる。

アルコールを添加し醗酵を止めることを「ミュタージュ」という。

http://takeya.ocnk.net/product/285


Aランシオ

太陽にさらした樽の中での長期熟成による一種の酸化作用の影響で、特有の色と風味をもったワイン

このブーケをランシオの香りといい、シェリーやマディラ、アルマニャックなどに感じとれる


BV.D.L.ヴァン・ド・リキュール

未醗酵のぶどう果汁にアルコールを添加し醗酵を停止した上で、樽にて熟成させる

添加するものは地方によって異なり、オードヴィやマール、コニャックやアルマニャックなど


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/  
posted by みく at 18:31| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

フランス 南西地方

ぶどう畑は、ボルドーの東から、南のピレネー山脈にかけて、フランス南西部一帯に広がっている。


ぶどう栽培面積 約64,000ha


このうちA.O.C.の栽培面積 33,200ha

           年間生産量 約1,588,000hℓ


ぶどう品種

白 セミヨン、ソーヴィニヨン、ミュスカデル、モーザック、ラン・ド・レル、

  プティ・マンサン、グロ・マンサン

黒 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、タナ、コット(オーセロワ)、デュラス、

  フェル・セルヴァドゥ、ネグレット

南西.gif


地区

@ベルジュラック  ボルドーの東部、ドルドーニュ川周辺

A.O.C.

ベルジュラック、ベルジュラック・セック、コート・ド・ベルジュラック

ソーシニャック、ペシャルマン、ロゼット、モンラヴェル、コート・ド・モンラヴェル

オー・モンラヴェル、モンバジャック、コート・ド・デュラス、ビュゼ、コート・デュ・マルマンテ


Aオート・ガロンヌ

A.O.C.フロントン


Bガイヤック タルン川周辺

A.O.C.

ガイヤック、ガイヤック・ドゥー、ガイヤック・ムスー、ガイヤック・プルミエール・コート


Cカオール ロット川沿い

R01_0230.JPG

A.O.C.カオール http://takeya.ocnk.net/product/294

      コット種(マルベック=オーセロワ)主体、タナ種とメルロ種が混醸される。

Dピレネー 

A.O.C.

マディラン、パシュラン・デュ・ヴィク・ビル、パシュラン・デュ・ヴィク・ビル・セック

ジュランソン、ジュランソン・セック、イルレギ、ベアルン、ベアルン・ベロック


Dアヴェイロン

A.O.C.マルシャック
 
  

現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/  
posted by みく at 17:58| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

フランス ジュラ・サヴォア地方 C

サヴォア

ぶどう畑はスイス国境にあるレマン湖からイゼール川流域までの200〜450mの

山の中腹の南斜面に一定間隔で並んでいる。


ぶどう栽培面積 約3,800ha

このうち約2,100haから年間約135,000hℓのA.O.C.ワインを産出。


ぶどう品種

白 シャスラ、アルテス、アリゴテ、ジャケール、シャルドネ、モレット、グランジェ

  マルヴォアジ、ルーサンヌ、モンデューズ・ブランシュ、ピノ・グリ

黒 モンデューズ、ガメイ・ノワール、ピノ・ノワール、プールサール、カベルネ・フラン

  カベルネ・ソーヴィニヨン

ジュラ、サヴォア.gif


A.O.C.

クレピー、セイセル、セイセル・ムスー、ヴァン・ド・サヴォア、ヴァン・ド・サヴォア+クリュ

ヴァン・ド・サヴォア・ムスー、ヴァン・ド・サヴォア・ペティヤン

ヴァン・ド・サヴォア・アイズ・ムスー、ヴァン・ド・サヴォア・アイズ・ペティアン

ルーセット・ド・サヴォア、ルーセット・ド・サヴォア+クリュ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 19:00| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

フランス ジュラ・サヴォア地方 B

ヴァン・ド・パイユ(藁ワイン)

@遅摘みのぶどう 

 シャルドネ、サヴァニャン、プールサール、トゥルソー

Aぶどうの房の剪定

Bすのこ上で乾燥させる = パスリヤージュ

(3〜4ヶ月間、地域によっては藁の上で乾燥させる)

 量は50%になり、水分と一定量の酸を犠牲にして糖分が凝縮される。

C圧搾

Dゆっくりとした醗酵(約1年近くかけて14.5%〜17%のアルコールになる)

E木樽熟成は約2〜5年間

(規定上、圧搾した日から3年は販売できない。

 さらにこの期間のうち18ヶ月以上は木樽で熟成させなければならない)

Fその後ボトル内で熟成

たいへん甘いワインができあがる。

Potsポ 375ml(ドゥミ・クラヴァン)に詰められる。

ジュラ、サヴォア.gif


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 14:01| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

フランス ジュラ・サヴォア地方 A

ヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)の醸造法


@完熟したサヴァニャンの収穫


Aそれを白ワインとして醸造


B木製の樽に詰める


C熟成 最低6年間は樽貯蔵をし、その間ウイヤージュ(目減り分の補充)および、

スーティラージュ(滓引き)してはならない。

そうすることにより、ワインの表面に酵母による皮膜が形成される。

この膜はフルール・デュ・ヴァンと呼ばれる。

ワインの色は徐々に黄色になり、いわゆるグー・ド・ジョーヌ(黄色の味)となり、

くるみやノワゼット、アマンド・グリエなどの香ばしい風味が生じる。


Dクラヴランと呼ばれるこの地方特有の62cℓの瓶に詰める。

ジュラ、サヴォア.gif



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 17:57| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

フランス ジュラ・サヴォア地方 @

ジュラ

スイス、イタリアと国境を接する山間部にある産地。

ジュラ高原の麓に長さ80km、幅6kmに渡って点在。

90%以上がA.O.C.

白、赤、ロゼのほかに、特殊な醸造を要する黄ワインや藁ワインが造られる。


栽培面積 約1,900ha

年間生産量 約89,000hℓ


ぶどう品種

白 サヴァニャン(ナチュレ)シャルドネ(ムロン・ダルボワ)、ピノ・ブラン

黒 プールサール、トゥルソー、ピノ・ノワール(グロ・ノワリアン)

ジュラ、サヴォア.gif

A.O.C.

アルボワ、アルボワ・ピュピラン、シャトー・シャロン、レトワール

コート・デュ・ジュラ、クレマン・デュ・ジュラ、マックヴァン・デュ・ジュラ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 14:42| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

フランス アルザス地方 A

アルザス 4高貴品種

@ゲヴュルツトラミネル

Aピノ・グリ

Bリースリング

Cミュスカ


アルザス・グラン・クリュ

4高貴品種の中のひとつの品種を使う。

指定のリューディ(小地区)51の名を併記


ヴァンダンジュ・タルティヴ(遅摘み)

4高貴品種の中のひとつの品種を使う。

果汁1ℓ当たりの糖の最低含有量 @とAは、257g/ℓ BとCは、235g/ℓ


セレクション・ド・グラン・ノーブル(粒選り摘み・貴腐)

4高貴品種の中のひとつの品種を使う。

果汁1ℓ当たりの糖の最低含有量 @とAは、306g/ℓ BとCは、276g/ℓ


アルザス.gif



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 14:17| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

フランス アルザス地方 @

フランス北東部。

ライン川を挟んでドイツと国境を接する地域。

ヴォージュ山脈の東側の丘陵。

ストラスブールからミュルーズまで100km、幅1〜5kmの帯状の斜面に広がる。


A.O.C.の栽培面積 約15,000ha

年間生産量 約1,082,000hℓ


単一品種で醸造することが多く、A.O.C.名に、ぶどう品種を併記する。


ぶどう品種

ピノ・ブラン、リースリング、ゲヴュルツトラミネル、ピノ・グリ、シルヴァネール

ピノ・ノワール、ミュスカ・ダルザス

アルザス.gif

A.O.C.

アルザス、アルザス・グラン・クリュ、

ヴァンダンジュ・タルティブ、

セレクション・ド・グラン・ノーブル http://takeya.ocnk.net/product/63

クレマン・ダルザス



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 13:48| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

フランス プロヴァンス地方およびコルシカ島 A

Aコルス(コルシカ島)

イタリア国境に近い地中海上の島。

ぶどう栽培は、紀元前からギリシャ人によって行われており、2千年の古い伝統を持つ。


ぶどう栽培面積 約6,900ha

ワイン生産量 約386,000hℓ


ぶどう品種

白 ヴァルマンティノ(マルヴォワジ・ド・コルス)(ロール)、ユニ・ブラン

黒 スキアカレロ、ニエルキオ、バルバロサ、アレアティコ、ムールヴェドル、

  サンソー、カリニャン、グルナッシュ・ノワール


A.O.C.

パトリモニオ、アジャクシオ、ヴァン・ド・コルス、ヴァン・ド・コルス・サルテーヌ、

ヴァン・ド・コルス・コトー・デュ・カップ・コルス、ヴァン・ド・コルス・フィガリ

ヴァン・ド・コルス・ポルト・ヴェッキオ、ヴァン・ド・コルス・カルヴィ、

ミュスカ・デュ・カップ・コルス

プロヴァンス・コルス.gif


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 13:27| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

フランス プロヴァンス地方およびコルシカ島 @

プロヴァンス


マルセーユからニースに至るコート・ダジュール一帯に広がる地域。

ワイン造りの歴史はフランスで最も古い。


熟成タイプの赤ワインや辛口の白ワインも産するが、

何といっても有名なのは、ロゼワイン。

フレッシュでフルーティなピンクのワインは、リゾート地によく似合う。

最大のA.O.C.のコート・ド・プロヴァンスでは、ロゼが84%を占めている。


ぶどう品種

白 クレレット、ユニ・ブラン、セミヨン、ロール(ヴァルマンティノ)

黒 グルナッシュ、サンソー、ムールヴェドル、カリニャン、シラー、ティブラン

プロヴァンス・コルス.gif

A.O.C.

カシス、バンドル、パレット、ベレ、コート・ド・プロヴァンス、

コート・ド・プロヴァンス・サン・ヴィクトワール、コート・ド・プロヴァンス・フレジュ、

コトー・デクス・アン・プロヴァンス、レ・ボー・ド・プロヴァンス、

コトー・ヴァロワ・プロヴァンス、コトー・ド・ピエールヴェール



プロヴァンス地方のワインはこちら

http://takeya.ocnk.net/product/289



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 16:58| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

フランス コート・デュ・ローヌ地方 C

その他のA.O.C.


@コート・デュ・ローヌ

約1,700,000hℓ

コート・デュ・ローヌ地方全体のワイン生産量の約75%を占める。


Aコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ

A.O.C.コート・デュローヌより厳しい基準


+コミューン名 18のコミューンはその名前を付記できる。


ケランヌ、ラストー、ロエ、サブレ、

セギュレ http://takeya.ocnk.net/product/109

ヴァルレアス、ヴィザン、マッシフ・ドゥショー、ブラン・ド・デュー、

シュスクラン、ローダン、サン・ジェルヴェ、シニャルグ、ロシュギュード、

ルーセ・レ・ヴィーニュ、サン・モーリス、サン・パンタレオン・レ・ヴィーニュ、ピュイメラ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 18:32| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

フランス コート・デュ・ローヌ地方 B

メリディオナル(南部地区)


モリテリマールからアヴィニヨン南部まで約80kmあまりの地区


ぶどう品種

白 グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、クレレット、

  ブールブーラン、ピクプール、ユニ・ブラン

黒 グルナッシュ、シラー、ムールヴェドル、サンソー、カリニャン、テレ・ノワール


ローヌ.gif


A.O.C.

コトー・デュ・トリカスタン、コート・デュ・ヴィヴァレ、ヴァンソーブル、

ジゴンダンス、ヴァケイラス、ボーム・ド・ヴニーズ、

シャトー・ヌフ・デュ・パプ http://takeya.ocnk.net/product/280

リラック、タヴェル、ヴァントー、コート・デュ・リュベロン、

ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ、ラストー



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 18:16| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

フランス コート・デュ・ローヌ地方 A

セプタントリオナル(北部地区)


ヴィエンヌからヴァランスの南西ディーのあたりまで約120kmあまりの地区


ぶどう品種

白 ヴィオニエ、マルサンヌ、ルーサンヌ

黒 シラー(セリーヌ)


ローヌ.gif

A.O.C.

コート・ロティ、コンドリュー、シャトー・グリエ、サン・ジョゼフ、

エルミタージュ、クローズ・エルミタージュ、コルナス、

サン・ペレイ、サン・ペレイ・ムスー、クレレット・ド・ディー、

クレマン・ド・ディー、コトー・ド・ディー、シャティヨン・アン・ディオア



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 17:57| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

フランス コード・デュ・ローヌ地方 @

フランス南東部、ヴィエンヌからアヴィニョンまで、

南北約200kmにわたるローヌ川の両岸にぶどう畑が広がっている。

ボルドーに次ぐ、フランス第2のA.O.C.ワインの産地。

ローヌ.gif


北部

穏和な大陸性気候

ローヌ川沿いの急な丘の斜面や段丘にぶどう畑が広がる。


南部

暑く乾燥した地中海性気候

ローヌ川両岸のゆるやかな土地にぶどう畑が広がる。


赤ワインが主体、21のぶどう品種が認められている。



コート・デュ・ローヌ地方のワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product-group/4
  

現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/  
posted by みく at 14:57| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

フランス ロワール地方 D

サントル・ニヴェルネ地区


ロワールの上流、中央フランス

ブルジェ市を囲むように、丘陵地にぶどう畑が広がる。


大陸性気候 気温の変化が著しい


ぶどう品種

白 ソーヴィニヨン(ブラン・フュメ)、シャスラ

黒 ピノ・ノワール

01_lmap[1].gif


A.O.C.

プイイ・フュメ、プイイ・シュル・ロワール、サンセール、メヌトゥー・サロン

カンシー、ルイイ、コトー・デュ・ジェノワ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 17:45| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

フランス ロワール地方 C

トゥーレーヌ地区

トゥール市を中心にぶどう畑が広がっている。

海洋性気候と大陸性気候の影響を受ける。

中世の古城がたたずむ様は「フランスの庭園」と呼ばれている。


ぶどう品種

白 シュナン・ブラン(ピノー・ド・ラ・ロワール)、ムニュー・ピノー(アルボワ)
  ソーヴィニヨン、シャルドネ

黒 ブルトン(カベルネ・フラン)、グロロー、ピノー・ドニス、カベルネ・ソーヴィニヨン
  ガメイ、コット、ピノ・ノワール

01_lmap[1].gif


A.O.C.

シュヴェルニイ、クール・シュヴェルニイ、トゥーレーヌ

トゥーレーヌ・ムスー http://takeya.ocnk.net/product/247

トゥーレーヌ・ペティアン、トゥーレーヌ・アンボワズ、トゥーレーヌ・アゼイ・ル・リドー

トゥーレーヌ・メラン http://takeya.ocnk.net/product/283

           http://takeya.ocnk.net/product/168

トゥーレーヌ・ノーブル・ジュエ

ブルグイユ、サン・ニコラ・ブルグイユ http://takeya.ocnk.net/product/242

シノン http://takeya.ocnk.net/product/299

モンルイ・シュール・ロワール、モンルイ・シュール・ロワール・ムスー

モンルイ・シュール・ロワール・ペティアン、ヴーヴレ、ヴーヴレ・ムスー、ヴーヴレ・ペティアン

コトー・デュ・ロワール、ジャスニエール、コトー・デュ・ヴァンドモア、ロゼ・ド・ロワール

クレマン・ド・ロワール http://takeya.ocnk.net/product/158

オルレアン、オルレアン・クレリィ、ヴァランセ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 13:50| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

フランス ロワール地方 B

アンジュー&ソーミュール地区


アンジェを中心に、川の流域沿いと周辺部にアンジューのぶどう畑が広がる。

海洋性気候、温暖な冬、快適な夏。

白、ロゼ、赤、スパークリング、味わいも辛口から甘口までバラエティに富んでいる。


ソーミュール市はアンジェ市から約40km上流に位置する。

白は遅摘みや貴腐の甘口からしっかりした辛口まで

ロゼは飲みやすく穏やかな酸味の半甘口から軽快な辛口まで

赤は果実味溢れる軽やかなタイプ

01_lmap[1].gif


ぶどう品種 

白 ピノー・ド・ラ・ロワール(シュナン・ブラン)、シャルドネ、ソーヴィニヨン

黒 カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノー・ドニス、コット、ガメイ、グロロー


A.O.C.

アンジュー、アンジュー・ムスー、アンジュー・ガメイ、カベルネ・ダンジュー、ロゼ・ダンジュー

アンジュー・ヴィラージュ、アンジュ・ヴィラージュ・ブリサック、

アンジュー・コトー・ド・ラ・ロワール

ソーミュール、ソーミュール・ムスー、カベルネ・ド・ソーミュール、

ソーミュール・シャンピニィ、コトー・ド・ソーミュール、コトー・ド・ローバンス、

コトー・デュ・レイヨン、カール・ド・ショーム、ボンヌゾー(ロワール三大貴腐ワイン)

サヴニエール、ロゼ・ド・ロワール

クレマン・ド・ロワール http://takeya.ocnk.net/product/158



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 12:29| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

フランス ロワール地方 A

ペイ・ナンテ地区


ロワールの河口からわずか50kmほどのナント市を中心に白ぶどう品種が栽培されている。

フレッシュな辛口の白ワインが造られる。


気候 大西洋の影響を受けた、海洋性気候


ぶどう品種 ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)


A.O.C.ミュスカデ

      ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ

      ミュスカデ・コトー・ド・ラ・ロワール

      ミュスカデ・コート・ド・グランリュー

01_lmap[1].gif


シュール・リー 「滓の上」という意味


酸味が生き生きとした軽快な白ワインを造り出す技法

さらに旨味と新鮮さが高められていく

醸造過程で発生した滓をそのまま底部に残した状態で、

アルコール醗酵後から最短でも収穫の翌年3月1日まで保存しなければならない。

そのワインは一冬のみ醗酵槽または樽内で保存され、

瓶詰めされる段階まで滓引きせずに残しておかなければならない。


ペイ・ナンテ地区のワインはこちら


ムロン・ド・ブルゴーニュから造られたワイン

http://takeya.ocnk.net/product/102

http://takeya.ocnk.net/product/212

http://takeya.ocnk.net/product/25

http://takeya.ocnk.net/product/24

http://takeya.ocnk.net/product/1


グロ・プランから造られたワイン

http://takeya.ocnk.net/product/76



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 12:23| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

フランス ロワール地方 @

南フランスを源流とするロワール川は北部へ流れ、

パリ西南オルレアンに至り、

ここからほぼ90度向きをかえ、

ナント地方の河口サン・ナゼールで大西洋に注ぐ、

全長およそ1000kmあまりのフランス最長の河川である。


このロワール川の本流および支流一帯のうち、

中央フランスからナントに至るまでが

ロワールワインの産地である。


温暖な気候に恵まれたこの付近一帯は、

古城が点在する風光明媚な観光地

「フランスの庭園」としても有名である。


白 55%   ロゼ 14%   赤 24%   ヴァン・ムスー 7%

フルーティで早飲みタイプのものが多い。

01_lmap[1].gif

ワイン産地は大きく4地区に分かれる。


ロワール地方のワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product-group/1

  

現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/  
posted by みく at 19:35| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

フランス シャンパーニュ地方 E

シャンパーニュの瓶のサイズと呼称


キャール  Quart                188ml    4分の1


ドゥミ・ブティーユ  Demieーbouteille     375ml    2分の1


ブティーユ  Bouteille             750ml    1本分


マグナム  Magnum              1,500ml    2本分


ジェロボアム  Jeroboam           3,000ml     4本分


レオボアム  Rehoboam            4,500ml    6本分


マチュザレム  Mathusalem          6,000ml    8本分


サルマナザール  Salmanazar         9,000ml   12本分


バルタザール  Balthazar          12,000ml   16本分


ナビュコドノゾール  Nabuchodonosor    15,000ml   20本分


          

現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/    
posted by みく at 11:33| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

フランス シャンパーニュ地方 D

ラベル表示の用語


ブラン・ド・ブラン 

   シャルドネだけで造られたシャンパーニュ


ブラン・ド・ノワール

   ピノ・ノワール、ピノ・ムニエだけで造られたシャンパーニュ


N.M.ネゴシアン・マニピュラン

   ぶどうの一部あるいは全部、外部から購入して造られたシャンパーニュ


R.M.レコルタン・マニピュラン

   自家ぶどうだけで造られたシャンパーニュ

   http://takeya.ocnk.net/product/268



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 12:13| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

フランス シャンパーニュ地方 C

シャンパーニュの規定

アルコール度 11度以上


ミレジメ(ヴィンテージ・シャンパーニュ)

     ボトルに表示した収穫年のぶどうを100%使用
     
     ティラージュ後 最低3年の熟成義務

ノン・ミレジメ

     ティラージュ後 15ヶ月の熟成義務



シャンパーニュの甘辛度(リキュール・デクスペディシオンの添加度合)

  ブリュット・ナチュール     3g/ℓ以内

  エクストラブリュット   0〜6g/ℓの間

  エクストラ・ドライ  12〜20g/ℓの間

  ブリュット         15g/ℓ以内

  セック        17〜33g/ℓの間

  ドゥミ・セック    33〜50g/ℓの間

  ドゥー           50g/ℓ以上



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 11:10| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

フランス シャンパーニュ地方 B

シャンパーニュの醸造 
 
  収穫 ヴァンダンジュ

     手摘み
   ↓
  
  圧搾 プレスラージュ
 
     @テート・ド・キュヴェ4,000kgのぶどうから2,050ℓ搾汁

     Aプルミエール・タイユ500ℓ

   ↓
 
  一次発酵 プルミエ・フェルマンタシオン
  
   ↓

  調合 アッサンブラージュ

   ↓
 
  瓶詰 ティラージュ

     リキュール・ド・ティラージュ
     調合したワインに酵母と1ℓ当たり24gの蔗糖を加え、瓶詰してカーヴに寝かせる。

   ↓
  
  瓶内二次発酵 ドゥジエム・フェルマンタシオン・アン・ブテイユ

     瓶の中で発酵、酵母が滓となる。

   ↓
 
  滓とともに熟成 マチュラシオン・シュル・リー

     滓のうまみがワインに戻される。

   ↓
  
  倒立 ミズ・シュル・ポアント

     ピュピトルに瓶口を下に向けて並べる。

   ↓
 
  動瓶 ルミアージュ

     5〜6週間に渡って毎日瓶を8分の1回転させながら、滓を瓶口に集める。

   ↓
  
  滓抜き デゴルジュマン

      瓶口をマイナス20℃の塩化カルシウム水溶液につけて、溜った滓を凍らせ、
      栓をはずして滓を飛び出させる。

   ↓

  門出のリキュール(リキュール・デスクペディシオン添加)ドサージュ

   ↓

  打栓 ブシャージュ

   ↓

  ラベル貼り アビアージュ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 11:08| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

フランス シャンパーニュ地方 A

グラン・クリュ(17)

ぶどうの売渡価格の基準価格の100%で売買される畑

http://takeya.ocnk.net/product/268


プルミエ・クリュ

ぶどうの売渡価格の基準価格の99〜90%で売買される畑

11_lmap[1].gif


モンターニュ・ド・ランス地区

ボーモン・シュル・ヴェスル、ヴェルズネー、マイイ、シルリ、ヴェルジ、ピュイジュー、アンボネー、ルーボワ、ブージー


ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区

アイ、トゥール・シュル・マルヌ


コート・デ・ブラン地区

クラマン、アヴィズ、シュイイ、オジュール、メニル・シュル・オジェ、オイリー



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 10:59| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

フランス シャンパーニュ地方 @

シャンパーニュ 

栽培面積 約32,000ha

ワイン生産量 年間約2,590,000hℓ

シャンパーニュは、スパークリングワインの代名詞のように使用されているが、A.O.C.法に基づいて造られたもの以外はシャンパーニュと呼ぶことを禁じられている。

マルヌ県で全体の約80%を産出する。


土壌 白亜土の底土層をもつ石灰質土壌


ぶどう品種 ピノ・ノワール ピノ・ムニエ シャルドネ

11_lmap[1].gif

A.O.C.シャンパーニュ ロゼ・白 発泡

http://takeya.ocnk.net/product/268

      コトー・シャンプノワ 赤・ロゼ・白 非発泡

      ロゼ・デ・リセー ロゼ 非発泡 (ピノ・ノワール)


シャンパーニュ地方のワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product-group/5



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 10:40| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

フランス ブルゴーニュ地方 G

ボージョレ地区

白、ロゼワインも造られているが、ほとんどがガメイ種から造られる赤ワイン。

輝くようなルビー色、フレッシュ&フルーティな飲み口のよい軽快なワイン。

北部は、花崗岩質の土壌。

良質で特徴のある10のクリュ・ボージョレやボージョレ・ヴィラージュが生産。

南部は、ボージョレを生産。

毎年11月第3木曜日に解禁される新酒、ボージョレ・ヌーヴォーは、ボージョレのワイン生産量全体の約3分の1。

ボージョレとボージョレ・ヴィラージュで造られている。

07_smap[1].gif

A.O.C.ボージョレ

      ボージョレ・シュペリュール

      ボージョレ・ヴィラージュ

      サン・タムール

      ジュリエナ

      シェナ

      ムーラン・ナ・ヴァン

      フルーリー

      シルーブル

      モルゴン

      レニエ

      ブルイィ

      http://takeya.ocnk.net/product/296

      http://takeya.ocnk.net/product/306

      コート・ド・ブルイィ

      http://takeya.ocnk.net/product/297



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 19:14| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

フランス ブルゴーニュ地方 F

マコネ地区

面積が最大の地区。

褐色石灰質、カルシウム質の土壌にはシャルドネ。

爽やかでフルーティな白ワインを生み出す。

85%がシャルドネ。

粘土質、砂質には、ガメイ。

口当たりの軽やかな赤ワインを生み出す。

08_lmap[1].gif

A.O.C.マコン

      マコン・シュペリュール

      マコン・ヴィラージュ

      マコン+コミューン名

      ヴィレ・クレッセ

      サン・ヴェラン

      プイィ・フュイッセ

      プイィ・ロッシェ

      プイィ・ヴァンゼル



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 19:04| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

フランス ブルゴーニュ地方 E

コート・シャロネーズ地区

ボーヌの南、標高250〜370mの粘土石灰質の丘陵地。

フルーティで軽やかなバランスのとれた赤白ワイン。

08_lmap[1].gif

A.O.C.ブーズロン(アリゴテ)

      http://takeya.ocnk.net/product/249

      リュリー

      メルキュレ

      http://takeya.ocnk.net/product/250

      http://takeya.ocnk.net/product/154

      ジヴリ

      モンタニィ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 18:48| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

フランス ブルゴーニュ地方 D

コート・ド・ボーヌ地区

ニュイの南の地区、石灰、泥灰岩質土壌。

3分の2が赤ワイン 3分の1が白ワイン

白ワインは世界に知れ渡った銘醸ワインが多い。

08_lmap[1].gif

A.O.C.ラドワ・セリニィ

      アクロス・コルトン

      ペルナン・ヴェルジュレス

      http://takeya.ocnk.net/product/251

      http://takeya.ocnk.net/product/166

      サヴィニィ・レ・ボーヌ

      ジョレイ・レ・ボーヌ

      ボーヌ

      ポマール

      ヴォルネイ

      モンテリ

      オクセイ・ジュレス

      サン・ロマン

      ムルソー

      ブラニイ

      ピュリニィ・モンラッシェ

      シャサーニュ・モンラッシェ

      サン・トーバン

      サントネイ

      マランジュ

      コート・ド・ボーヌ

      コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ


グラン・クリュ

      コルトン、コルトン・シャルルマーニュ、シャルルマーニュ、モンラッシェ

      http://takeya.ocnk.net/product/253

      シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、

      ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ、クリオ・バタール・モンラッシェ

      


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 18:02| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

フランス ブルゴーニュ地方 C

コート・ド・ニュイ地区

ディションの町から始まる、南北約20kmの細長い丘陵地帯。

石灰質土壌。

赤ワインが92%を占め、ピノ・ノワールより、長期熟成に耐え得る赤ワインを造る。

08_lmap[1].gif

A.O.C.マルサネ

      フィクサン

      ジュヴレ・シャンベルタン

      モレ・サン・ドゥニ

      シャンボール・ミュズィニー

      ヴージョ

      ヴォーヌ・ロマネ

      ニュイ・サン・ジョルジュ

      コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ

      http://takeya.ocnk.net/product/156

グラン・クリュ

      シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ
      
      シャルム・シャンベルタン、マソワイエール・シャンベルタン

      シャペル・シャンベルタン、クリオット・シャンベルタン

      ラトリシェール・シャンベルタン、マジ・シャンベルタン

      ルショット・シャンベルタン、ボンヌ・マール

      クロ・デ・ランブレ、クロ・サン・ドニ、クロ・ド・ラ・ロッシュ

      クロ・ド・タール、ミュズィニー、クロ・ド・ヴージョ

      グラン・エシェゾー、エシェゾー、ロマネ・コンティ、ラ・ロマネ

      ロマネ・サン・ヴィヴァン、ラ・ターシュ、リシュブール、ラ・グランド・リュ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 17:59| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

フランス ブルゴーニュ地方 B

シャブリ地区

ブルゴーニュの最も北にある地。

辛口の白ワインの代名詞。

土壌はキンメリジャンと呼ばれる白亜質の土壌。

ぶどう品種は、シャルドネ。

08_lmap[1].gif

A.O.C.プティ・シャブリ

      シャブリ

      シャブリ・プルミエ・クリュ(40)

          例えば、レ・フルノー

              フルショーム

              http://takeya.ocnk.net/product/243

      シャブリ・グラン・クリュ(7)

              ブランショ、ブーグロ、レ・クロ、グルヌイユ、プリューズ
         
              ヴァルミュール、ヴォデジール(ムートンヌ)


オーセロワ地区

A.O.C.イランシー  (ピノ・ノワール)

      サン・ブリ  (ソーヴィニヨン)



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/

              
posted by みく at 17:43| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

フランス ブルゴーニュ地方 A

A.O.C.

1.アペラシオン・レジョナル 

   例えば、ブルゴーニュ

    http://takeya.ocnk.net/product/301          

2.アペラシオン・コミュナル

   例えば、ペルナン・ヴェルジュレス

       http://takeya.ocnk.net/product/251

       http://takeya.ocnk.net/product/166

       メルキュレ

       http://takeya.ocnk.net/product/250

       http://takeya.ocnk.net/product/154


3.アペラシオン・プルミエ・クリュ

       http://takeya.ocnk.net/product/298

       http://takeya.ocnk.net/product/243

4.アペラシオン・グラン・クリュ

       http://takeya.ocnk.net/product/253


ぶとう品種

白  シャルドネ、アリゴテ

黒  ピノ・ノワール、ガメイ



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 17:16| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

フランス ブルゴーニュ地方 @

ボルドーと並ぶ銘醸地。


オーセールからディジヨン、マコンを経てリヨンまで、南北約300km。


産出量 約260万hℓ ボルドーのほぼ半分


白ワイン 59%  赤ワイン 33.5%  スパークリングワイン 7.5%


A.O.C.の数は、フランスの中で最も多く100におよび、多様性に富む。


地方名、地区名、村名、畑名まで細分化。


畑はクリマと呼ばれ、特級畑グラン・クリュと第一級畑プルミエ・クリュに格付け。


単一の品種から造られる。


ブルゴーニュ地方のワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product-group/6



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 16:48| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

フランス ボルドー地方 G

アントル・ドゥ・メール地区

ガロンヌ川とドルドーニュ川に挟まれた地区。

土壌は極めて変化に富み、辛口の白ワインの大産地。

02_lmap[1].gif

A.O.C.アントル・ドゥ・メール・オー・ブノージュ

      アントル・ドゥ・メール

      http://takeya.ocnk.net/product/3

      ボルドー・オー・ブノージュ


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 16:22| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

フランス ボルドー地方 F

サン・テミリオン地区

メドック地区と並ぶ赤ワインの銘醸地。

ドルドーニュ川の右岸にある。

石灰岩の台地、石灰質と砂、粘土質の丘陵、下層が砂と粘土の土壌という変化に富んだ土地。

02_lmap[1].gif

A.O.C.サン・テミリオン・グラン・クリュ

      サン・テミリオン

      リュサック・サン・テミリオン

      モンターニュ・サン・テミリオン

      サン・ジョルジュ・サン・テミリオン

      ピュイスガン・サン・テミリオン


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 16:15| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

フランス ボルドー地方 E

ポムロール地区

サン・テミリオンの北西部に位置し、ドルドーニュ川の右岸地区。

粘土質と砂利質が混じり合った酸化鉄の土壌。

メルロ種を主体とした赤ワインの産地。

02_lmap[1].gif

A.O.C.ポムロール

      http://takeya.ocnk.net/product/260

      http://takeya.ocnk.net/product/259

      ラランド・ト゜・ポムロール

      ネアック


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 16:03| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

フランス ボルドー地方 D

ソーテルヌ&バルザック地区

ボルドー市の南東、支流のシロン川の南北地区。

ミクロクリマに恵まれ、収穫を遅らせてボトリチス・シネレア菌の働きで貴腐となったぶどうから生まれる独特の黄金色をした天然甘口ワインが造られる。

02_lmap[1].gif

A.O.C.ソーテルヌ

      バルザック

      セロン

      サント・クロワ・デュ・モン

      ルピアック



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 15:53| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

フランス ボルドー地方 C

グラーヴ地区

ボルドー市のはずれから南に50km続く地区。

グラーヴとは、小石、砂利という意味。

赤、白とも質のよいワインを生み出している。

02_lmap[1].gif

A.O.C.グラーヴ

      ペサック・レオニャン

      グラーブ・シュペリュール


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 15:40| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

フランス ボルドー地方 B

メドック地区

ジロンド川が大西洋に注ぐ河口から、ロンドの森まで続く、その川沿いの左岸一帯に細長く伸びる地帯。

川の上流部 オー・メドック

  下流部 メドック

砂利と粘土質、石灰岩層

カベルネ・ソーヴィニヨンに適している。

コクが非常に強く、しっかりとした長期熟成型の優れた赤ワインの産地。

02_lmap[1].gif

A.O.C.メドック

      サン・テステフ

      ポイヤック

      サン・ジュリアン

      マルゴー

      http://takeya.ocnk.net/product/234

      ムーリ

      リラック


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 15:18| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

フランス ボルドー地方 A

A.O.C.

1.アペラシオン・ジェネラル 地方名

   例えば、ボルドー

    ボルドー・シュペリュール

       http://takeya.ocnk.net/product/261

       ボルドー・クレレ

       http://takeya.ocnk.net/product/284

       http://takeya.ocnk.net/product/221  
          

2.アペラシオン・レジョナル 地区名

   例えば、メドック、グラーヴ

3.アペラシオン・コミュナル 村名

   例えば、ムーリ、マルゴー


ぶとう品種

白  セミヨン、ソーヴィニヨン、ミュスカデル

黒  カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ、マルベック、プティ・ヴェルド



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 19:44| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

フランス ボルドー地方 @

位置 フランス南西部

   ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川の3つの川の流域


気候 温暖な海洋性気候


ブルゴーニュと並ぶ一大銘醸地


ボルドーで造られるワインのほぼすべてがA.O.C.ワイン


栽培面積 約123,000ha


フランスのA.O.C.ワインの栽培面積の約26%


フランス最大のA.O.C.ワインの産地


年間生産量 約5,870,000hℓ


赤・ロゼ 89%  白 11%


ブルゴーニュと違い、数種のぶどうからとれたワインをアッサンブラージュ(ブレンド)する。


アッサンブラージュ比率は、シャトーによって異なるため、ワインの種類が実に豊富で、さまざまなタイプのものを味わうことができる。


ボルドー地方のA.O.C.の数は57 その中でもA.O.C.の地区が20ある。


ラベルに表示できる最少区分が村名まで。シャトーの格付けが行われている。


ボルドー地方のワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product-group/3



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 15:34| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

自然派ワイン

フランスワインの現状

 華やかなグランクリュを中心にした部分と地味な部分の2極化

 個別醸造元  30% 自分で醸造  (グランクリュも含まれる)

 葡萄栽培農家 70% 農協に葡萄を売る

 グランクリュのワインは、ロシア・中国のお金持ちに買われて、絶好調。

 農協ワインは、売れなくて瀕死状態。葡萄栽培農家も苦しい生活状況。



1935年  A.O.C.の誕生・・・不正取引の防止

       原産地が違えば、異なるテロワールがあり、テロワールによって違うワインとなる。


1960年代 除草剤の使用

  利点  農作業で最も人件費がかかる草取りの畑を耕す作業が、
      手作業だと一ヶ月かかる仕事が三日で終わる便利なもの。

結果  畑を耕すことが無いため土が固まってコンクリートのようになり、    
      酸素が地中内に入ることもなく、除草剤の毒性のため、
      微生物やミミズが畑から姿を消す。

      葡萄木が育たない、葡萄果実が熟さない状況になる。


1970年代 化学肥料の使用

  利点  大量生産、大量販売の時代に不可欠。質より量が重要。
      農協の全盛期。特徴がなくても安くてほどほどなら売れた。

  結果  土壌の表面に栄養素があるため、根っこが地中深く伸びない。
      土壌独特のミネラルや風味がないワインになってしまった。


1980年代 オノローグ(醸造学士の称号)の指導

  利点  無知からくる失敗の減少。
      どんな葡萄を収穫しても醸造技術で遜色ないワイン造りが可能。

  結果  指導を受けたワインはスタンダード化に拍車がかかる。
      ワインの違いがその土壌に由来しないものになってしまった。


1990年代 風味付け人工酵母の使用

  利点  自然酵母が存在しない醗酵しない葡萄でも
      化学的に造られた酵母菌を入れば問題なく醗酵が進み、好みの香りがつけられる。

  結果  土壌に根ざした香りでなくなる。



                   
自然派ワインの起源


 根本である土壌をもう一度耕して、

 微生物やミミズが生息する畑に生き返らして、

 根っこをまっすぐ下に伸ばし、

 ミネラルをたっぷり含んだ果汁の葡萄を育て、

 畑に生息する自然酵母のみで醗酵をしよう。

 つまり自分達のお爺さん達が造っていたワインに戻ろう。



自然派ワインの定義

 健全な葡萄を育てるために、天と地と人を最大限に尊重した栽培、醸造を実行したワイン。

 美味しい「健全」なワインを造ろうという「志」を持ったワインであるかどうかが問題で、
 ビオワインの認定の有無は問題ではない。
 


美味しいワインを造ることが目標

 その為には、美味しい健全な葡萄が必要。

 その為には、土壌を生かすビオ的な栽培が必要。

 一本の木からとれる収穫量を少なくし、凝縮した葡萄を作る。

 醸造上も極力ワインに圧力がかかるようなポンプなども使用せず、

 土壌から得た純粋な葡萄の旨味を最大限に表現したワイン。
 
                     
 
現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/ 
posted by みく at 14:41| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

ビオワイン

無添加ワイン・・・酸化防止剤などの添加物が添加されていないワイン

         窒素ガス、炭酸ガスの添加で可能。(開栓により一気に劣化)


オーガニックワイン=ビオロジック=有機的な

         3年以上農薬、化学肥料を使わずに栽培されたぶどう果実を原料としたワイン

         公的機関の基準を満たすことが必要。


  @リュットリゾネ・・減農薬農法 

            必要最低限の化学農薬を使用。


  Aビオロジック・・有機農法
           
           自然を尊重した農業形態。

           除草剤や殺虫剤、化学肥料に頼らない農法。

           認証マーク(3年以上無化学農業)

                AB=アグリカルチャル・ビオロジック

003.JPG

http://takeya.ocnk.net/product/109

                EC=エコ・サール(エコロジ・サーフィケート)

004.JPG

http://takeya.ocnk.net/product/211


  Bビオディナミ・・生態力学農法 = バイオ・ダイナミック

   ビオ(生命)+ ディナミ(エネルギー)

           天体との関係を基にした播種歴

           プレパラシオンを使用

             ダイナマイザー(撹拌機)

R01_0577.JPG

        
           認証マーク Demeter = デメテール

005.JPG

http://takeya.ocnk.net/product/283


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/           
posted by みく at 14:13| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

フランスワインの法律

2008年、EUレベルで新たなワイン法が導入された。

フランスは、2009年8月1日から施行、2009年ヴィンテージから適用。

007.JPG


1.地理的表示のないワイン


「ヴァン・ド・ターブル」から「ヴァン・ド・フランス」に。

  @フランス国内で造られたワインということ。

  A世界で認められる技術の高さ。


「品種」「収穫年」の表示が可能となった。

  一つの品種名を記載する場合は、当該品種を85%以上使用。

  二つあるいはそれ以上の品種を記載する場合は、品種名は多い方から記載。

  収穫年は、85%以上が当該年に収穫されたぶどうであること。


2.地理的表示付きのワイン


地域レベルに基づくワイン(A.O.C.よりも緩和されたカテゴリー)

「ヴァン・ド・ペイ」から「I.G.P.」に。


固有の特徴を持つテロワールに基づくトップカテゴリーのワイン

EU新ワイン法では「A.O.P.」だか、フランスでは「A.O.C.」のまま。


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 14:07| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

ワインの歴史 フランスの概略

<ワインの歴史>


メソポタミヤからエジプト人、フェニキア人、ギリシャ人、ローマ人の手を経て、

ガリアすなわち現在のフランスのマルセイユにもたらされる。


紀元前1世紀ローヌ川流域、2世紀にはブルコーニュ、ボルドーへ。

そして3世紀にはロワール、4世紀にはシャンパーニュへと広がっていった。


<フランスの概略>


スティル・ワイン  

  ボルドーとブルゴーニュは世界で最も偉大なワインを産出する地方として有名。
 

スパークリング・ワイン

  シャンパーニュがあまりにも有名。


フォーティファイド・ワイン

  VDL、VDN ローヌやラングドック・ルーションを中心に生産されている。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 17:15| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ワインを産する国

2006年統計資料より


国別ワイン生産量

1位 フランス  2位 イタリア  3位 スペイン


国別ぶどう栽培面積

1位 スペイン  2位 フランス  3位 イタリア


国別一人当たり年間消費量

1位 フランス  2位 イタリア  3位 ポルトガル

*フランス 53.8ℓ  日本 2.39ℓ(2008年統計)


ぶどうの生育条件

年間平均気温 10〜20℃ (醸造用は、10〜16℃が最適) 

地理的条件 北緯30〜50° 南緯20〜40° (地球温暖化の影響あり)

*暑過ぎても、寒過ぎてもダメ。


オールドワールド = 伝統国 = クラッシックワールド

 フランス、イタリア、ドイツ、スペイン


ニューワールド = 新世界 = モダンワールド

 アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、チリ、南アフリカなど

 (ヨーロッパの伝統国の植民地に苗木が持ち込まれた)


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 16:08| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

ワインの色

1.赤ワイン


黒ぶどうから造られます。

果肉の部分には赤い色がついていないので、ぶどうをプレスしただけでは色はつきません。

色をつける色素は、果皮の部分にあります。

醗酵槽の中で果汁と果皮と一緒にしておく。

これを「醸し」マセラシオンといいます。

皮、種子、梗からタンニン(渋味)も抽出されます。



2.ロゼワイン


ヨーロッパにおいては、シャンパーニュ以外は、赤ワインと白ワインを混ぜてロゼワインを造ることを禁じている。


@セニエ法

赤ワインと同じく、黒ぶどうから造る。醸造方法も同じだが、

ほどよく色付いたところで、醗酵槽から果汁を抜き取る。


A直接圧搾法

黒ぶどうを破砕、圧搾すると、果汁がうすく色付く。

その後、白ワインと同様に醸造する。


B混醸法

ドイツのロートリングのように、白ぶどうと黒ぶどうを混ぜて醸造する。



3.白ワイン


主に、白ぶどうを使うが、まれに黒ぶどうを用いることがある。

赤ワインのように「醸し」を行わない。


@シュール・リー

醗酵後、滓引きしないでそのまま年を越させ、翌4〜5月頃滓の上にあるワインの上澄みだけを取り出し瓶詰めする。


Aスキン・コンタクト

赤ワインの醸し仕込みを白ワインに応用、果皮からの成分抽出を意図的に行う。


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by みく at 18:03| Comment(0) | ワイン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。